エロイプでのマナーについて

マナー

ライブチャットレディに対してはモチロンの事、エロイプレディに対しても、突然男性が自身の性器を露出する事は違法犯罪行為となります。
こうした非常識な行為を重ねてしまうと、全てのエロイプにログイン不可という最も思い罰則を与えられてしまう結果となり兼ねません。
どんな話の展開や盛り上がりがあろうとも、エロイプ中に自分自身の全裸性器を見せる行為は厳禁なのです。
そんな迷惑行為に及ぶ利用者は、キック機能で強制退出させられてしまいます。
上記のような非常識過激な行動に及ぶと、高確率でチャットレディにキック機能を用いてのチャット強制終了処分が科される事となるでしょう。
このキック機能、チャットレディの判断で強制的にチャットを終了させる機能であり、これを用いられると、どれだけ気に入ったチャットレディだったとしても、
再度のログインは完全に望めない状況となってしまうのです。
そんな残念な状況を招かないためにも、違法行為とならない範囲の節度あるエッチな会話を楽しまねばなりません。
ル−ルを守るという基本中の基本を継続する事こそが、エロイプを長期間楽しむ秘訣なのです。
それでも「嫌われたくないけれど性器はお披露目したい」というのであれば、風俗店へ行ってそんな欲求を満たして下さい。
あくまでチャットレディとのエッチなコミュニケ−ションは、エロト−クが限度だと踏まえておきましょう。

チャットの中で楽しむサ−ビス

チャット

ライブチャットに於ける男女関係を「擬似恋愛」と表現するケ−スが多々見られます。
これは男女間で気軽に会話を楽しむ目的のサ−ビスですが、幾度も時間を重ねて会話を重ねる中、当然コミュニケ−ションもそれなりに密になりますので、
自ずと恋人関係的な感情が芽生える事も否定出来ません。
ですがどれだけ親密な会話を満喫出来、親しい関係を築けるのかは、利用客の男性とチャットレディとのマッチングが大きく左右する部分もあります。
チャットレディの中にはあくまで「仕事」というスタンスを遵守し、プライベ−トな話題を避ける女性も見られますし、
男性の中にもその場が楽しけりゃそれだけでOK!というスタンスの利用客も存在しています。
それにあくまで「擬似=バ−チャル」な恋愛のようなシチュエ−ションに過ぎませんから、出会い系とは全く意味合い目的が異なるのです。
当然チャットの間、それぞれが感情移入して役に没頭して楽しむのも自由ですが、それをリアルの世界に持ち込む事は期待出来ないのです。
実際、男性客がしつこくチャットレディにリアルな世界での接点を要求し、それが原因でトラブルとなる例は多発していますので、
利用客も節度とル−ルを守ってチャットを楽しむ姿勢が求められるのです。
あくまでチャットレディは「仕事」として男性客に応対していますから、希望があれば恋人を演じてくれますし、親密な会話にも応じてくれますので、
舞い上がった男性利用客が勘違いしてしまうケ−スもやむを得ない部分もありますがあくまで「金銭が絡んだ上での関係」である事を踏まえておきましょう。
エロイプはあくまで、チャットの中で楽しむサ−ビスなのですから。

タイピングが苦手でも大丈夫

タイピング

エロイプは楽しみたい。
でもタイピングには自信がないと思っている男性もいるかもしれません。
エロイプも「チャット」ですし、さらに言えばエロイプはチャットレディは映像を配信しますが、男性は映像を見せなくとも楽しむ事が出来るのです。
そのため、タイピングが苦手となると正直ハンディキャップになってしまう部分もあります。
そこでです。
タイピングが苦手であればエロイプを双方向で楽しんでみるのも良いかもしれません。
双方向とは、簡単に言えば双方共に映像を配信するものですので、タイピングではなく、「ビデオ電話」のような状況になりますのでタイピングなどまったく関係なくなります。
ですのでタイピングが苦手な人は双方向で楽しんで見るのも良いのではないでしょうか。
タイピングには自信がないけど、顔を見せるのはもっと抵抗があるという男性は、エロイプをタイピングの練習にするのも良いでしょう。
タイピングは慣れの問題が大きいです。
エロイプであればいろんな「欲」のためにタイピングを頑張ろうとするでしょうから、実はタイピングの練習にも良いかもしれませんので、エロイプをタイピングの練習と割り切るのも良いかもしれませんね。

Copyright(c) 2010 xxx All Rights Reserved.